医療従事者 コロナ 応援に4月7日のgoogleロゴが変更!!コロナと戦う医療従事者に感謝を込めて!!

4/7のgoogleロゴが医療従事者 コロナ 応援に変更されました。

 

今後、数週間にわたりgoogleのロゴが新型コロナウイルスに関する呼びかけに変更していくようです。

今回はその第2弾!!

昨日のロゴとは若干変わっていますね。

 

今回のロゴにはどんな意味があるのでしょうか?

 

今回のGoogleロゴに込められた想いとは?

今回のロゴに込められた思いは

医師・看護師・医療関係者の皆様、ありがとうございました

という意味が込められています。

 

昨日は「公衆衛生 研究者」でしたが今回は医療関係者に対する感謝のメッセージでした。

 

ベッドの数が不足し、医師や看護師の数も足りない中で、多くの医療関係者が昼夜を問わず診療を行なってくれています。

感染しても具体的な治療薬はなく、病院に行くことしかできない今、医療関係者がいなければ新型コロナウイルスが終息することもありません。

アメリカでは医学部の研修生が患者に対応するなどしてなんとか医療関係者の確保をしています。

医者がいるおかげで我々は病気にかかっても病院に行けば良いと軽く考えてしまいますが、今はそんな状況ではありません。

 

海外では医療従事者に感謝を送るメッセージが相次いでいます。

今回のロゴの変更も、得体の知れないウイルスと第一線で戦い活躍する医療関係者にもっと感謝をしましょうというgoogleの本気のメッセージなのです。

 

大手企業の社長たちが国と医療従事者に支援

 

4/6のニュースでは、日本最大のホテルチェーンである「アパホテル」の代表取締役社長、元谷 芙美子(もとや ふみこ)社長が自社ホテルを病床として使ってもらえるように場所提供すると表明しました。

宿泊客に迷惑がかからないよう1棟貸しを条件としています。

 

楽天の三木谷社長は、個人で所有している大阪の「ザ・パークフロントホテル・アット・ユニバーサルスタジオジャパン」の全598室を大阪府に無償提供する考えを表明しました。

 

患者が増えすぎて病床が足りていない時に、経済力のある社長方が何億円という損失を出しても国のために動いてくれていることに本当に感謝です。

これで軽症者や無症状の患者を受け入れる体制が少し整ったのです。

もし自分が感染したらお世話になる可能性もあるわけですから、本当にありがたいことですね。

 

史上初の緊急事態宣言発令へ

 

安倍首相は、本日4/7に史上初めてとなる「緊急事態宣言」を発令する方針を明らかにしました。

それだけ日本が今大変な状況になっているということですね。

今後どうなっていくのかわかりませんが、1人1人の意識が終息に繋がっていくことは間違いないはずです。

本当に苦しい日々が続きますが、なんとか感染拡大を防ぎ早く元どおりの日本に戻っていくことを祈りましょう。

 

今日も手洗いうがい、マスクの着用で元気に過ごしましょう。

そして、医療従事者にエールを!!

おすすめの記事