副業初心者がアマゾン・メルカリを活用して転売(せどり)で稼ぐやり方とは?おすすめアイテムも一部紹介!!

「転売・せどり・物販」

そんな言葉をよく耳にするようになってきました。

今まであまり馴染みのなかった方も聞いたことはあるんじゃないでしょうか?

今、転売ビジネスがかなり熱い時代になってきました。

インターネットの爆発的な普及

企業の副業解禁

これが大きな要因となって、副業でネットビジネスを始める人が増えました。

うまくやれば毎月結構な稼ぎになりますし、手軽に始められるのが1番のメリットでしょう。

本記事では、これから転売を始めてみたいと興味を持っている人に役に立つ記事にまとめています。

リッツ
・転売って何をする仕事なんだろう。
・貯金がないとできない仕事なのかな?
・違法な副業だったりしないのか。
・どのくらい稼げるんだろう。
・何を売ればお金になるんだろうか。
・ネットを使うのが得意じゃないけど大丈夫だろうか。

この不安や疑問を解消します。

今回は多くの人たちに馴染みのある「アマゾン・メルカリ」を使った転売術を解説します。

目次

【基本的な知識】転売(せどり)とは?

転売とせどりは、やってる事はほとんど同じですが定義としては若干の違いがあるようです。

転売 入手困難な希少価値の高いものを購入し、欲しがっている人に高値で販売する事
せどり 商品を安く仕入れて、値段を上乗せして高値で販売する事

どちらにせよ、「仕入れて売る」という行動には違いはありません。

転売に扱われる商品は様々で、本・雑貨・アパレル・家電・おもちゃ・スポーツ用品など、なんでも転売の対象商品になります。

転売の仕組みは普段皆様が日常生活で商品を購入するまでの仕組みとほとんど同じです。

例)コンビニのペットボトル

メーカー⇨ 卸業者⇨ 販売店⇨ 消費者
10円 30円 100円 150円

メーカーが10円で作ったものがいくつもの業者を経由してコンビニに150円で置かれています。

それを消費者は150円で購入しているのが世の中の流れです。

転売は「あなたが販売店の立ち位置で消費者に販売する」事と同様なのです。

安く仕入れて高く売る、一見悪いことをしているような響きに聞こえるかもしれません。

しかし値段が高くても欲しがっている人は山ほどいます。

そんな人たちに商品を提供する事が転売(せどり)という仕事なのです。

転売(せどり)は怪しい副業なのか?

結論、転売は怪しいビジネスではないですし、法に触れる違法な仕事ではありません。

合法でちゃんとしたビジネスなのでご安心ください。

転売(せどり)を主な事業として生計を立てている人も多くいますし、転売屋さんがいる事で恩恵を受けている人も多くいるのです。

例えば、東京でしか手に入らない商品があったとします。

時間の都合や住んでいる地域の都合で手に入れる事が困難な人も多くいるわけです。

そういう人は、多少値段が高くても欲しいと思えば購入し、売っていることに感謝する人の方が多いのです。

値段は販売者の設定次第で、需要と供給のバランスが取れていれば真っ当なビジネスになります。

ただし、転売が違法とされている物もあるので注意が必要です。

違法商品さえ取り扱わなければ正々堂々胸を張って語れる仕事です。

転売(せどり)で販売してはいけないものとは?

転売ビジネスを始めるにあたり、注意しなければいけないのが「取扱商品」です。

法律で転売を禁止されている商品があるので、もし取り扱っている事がバレれば罰を受ける対象になります。

転売(せどり)が禁止されている商品
□有名人のライブ・コンサートチケット
□偽ブランド商品
□販売権がないもの

転売(せどり)で販売してはいけないもの①:有名人のライブ・コンサートチケット

数に限りがある商品な上に、販売目的に大量に買い占める人が続出しました。

本当に欲しい人に超高額な値段で販売をし、あまりの高さに購入できずチケットが手に入らないという問題が社会現象になった時期があります。

その後、チケット販売(ダフ屋行為)は禁止されました。

現在もたまにネットでチケット販売を見かけますが、これは違法行為にあたるのでやってはいけません。

転売(せどり)で販売してはいけないもの②:偽ブランド商品

ブランド商品は高値で取引されるため、偽物が多く出回っています。

偽物とわかっていて販売する事は違法です。

偽物と知らず、本物だと思っていたとしても違法になります。

利益が出やすいので魅力的な商品ではありますが、偽物と本物の区別がつかないのならブランド商品の取扱は控えた方がいいでしょう。

転売(せどり)で販売してはいけないもの③:販売権がないもの

世の中には許可なく販売してはいけない商品があります。

例えば「お酒・タバコ・薬品」のようなものです。

これらは個人が勝手に販売する事は禁止されています。

空港の免税店で安く購入し、定価で販売するといった行為も禁止です。

販売権が必要な商品は事前にリサーチしておくことをオススメします。

わかりやすくいうと「人体に影響を与える商品」の販売はやめておくと無難です。

転売(せどり)のメリット・デメリット

転売ビジネスを始めるのは非常に簡単です。

やり方次第ではかなり儲かります。

ただし、良いことばかりではないですしそれなりのリスクもあります。

転売ビジネスのメリット・デメリットを簡単に把握しておきましょう。

転売(せどり)のメリット①:空き時間に作業ができる

転売はどこかに店舗を構えて販売するのではなく、ほとんどがネット上で仕入れや販売ができます。

移動時間や仕事の休憩時間にスマホ1つで作業ができるのが良いところです。

どんな商品が売れそうかリサーチするのもスマホで済みますし、固定の時間を奪われないのが副業として人気の理由です。

出品した後は売れるのを待つだけ。

どこかに常駐する必要もなく手軽に参入できるメリットがあります。

転売(せどり)のメリット②:ポイントも同時に貯める事ができる

仕入れで商品を購入する際に、Amazonや楽天などを利用すれば同時にポイントも貯められます。

クレジット決済にすればクレカのポイントも貯まりますね。

ポイントは転売に関係なく自分の利益となるので、貯まったポイントでまた仕入れをすれば仕入れコストを抑えられます。

毎月購入金額が高額になればポイントだけでかなりのお金が手に入るのでワクワクしますね。

転売(せどり)のメリット③:手元にお金が入るまでが早い

アフィリエイトや動画配信のように、継続していく中で収入が増えていくビジネスとは違い、転売は稼げるスピードが早いです。

商品が売れれば、売掛金がすぐに手元に入るので特別なスキルも継続する覚悟も必要ありません。

「継続は力なり」的なビジネスは途中で挫折してしまい、努力が無駄になる人が多いですからね。

それに比べれば転売は好きなタイミングでやめてもノーリスクです。

やりたい時にやって、すぐにお金が稼げるビジネスなのです。

転売(せどり)のデメリット①:商品購入の資金が必要

仕入れて売るという事は、仕入れるためのお金が必要です。

多少でも手元にお金がないと転売は始められません。

クレカで決済して後送りにしても、支払いまでに売れる保証もありません。

小銭稼ぎ程度なら数万円のお金があれば良いですが、月に10万円稼ごうと思ったら資本金で100万円弱は持っていた方が良いでしょう。

0円からスタートできるビジネスというわけでもないので、まずは仕入れにかかるお金を作る必要はあります。

転売(せどり)のデメリット②:売れないと在庫になる

出品した商品が売れる保証はありません。

全く売れなければ在庫になり、ロスが発生します。

ロスという事は、仕入れた商品の購入額がそのままマイナスになってしまうという事です。

売りたいものを売るのではなく、売れるものをリサーチして売る

これを徹底しないとせっかく仕入れても無駄になってしまうリスクがあります。

100%売れる商品は存在しないと思い、リスクも承知の上で始める必要があります。

転売(せどり)のデメリット③:梱包作業が結構面倒臭い

商品が売れて配送する際には梱包作業や検品作業を行います。

これが結構面倒なのです。

購入したものを開封せずそのまま横流しするわけにもいきませんし、不良品を販売してしまったら信用を失い取引数の現象にも繋がります。

購入者が不満に感じないような丁寧な梱包や検品作業は毎回しておくべきでしょう。

「検品→梱包→発送」の工程が面倒でやめてしまう人もいると思います。

地味な作業もこなす準備はしておきましょう。

転売(せどり)で売れやすいものはどんなもの?

どんな商品を取り扱ったら稼げるのか?

これは流行りや時期によっても大きく変わるので、常に何が売れているかリサーチをする必要があります。

永遠に売れ続けるものなんてありませんからね。

薄利多売で稼ぐのか、1発逆転のような高額商品で稼ぐのかによっておすすめできるものは変わってきます。

私自身は高額取引される商品が好きなので、具体的にどんなものがオススメなのかいくつか紹介したいと思います。

転売(せどり)で売れやすいもの①:本

書籍の売上のほとんどが今はAmazonと言われるほどネットで本がよく売れます。

転売(せどり)の原点は本の転売から始まったように、今でも書籍の需要は高いようです。

ブックオフなどの中古品販売店で安く仕入れ、Amazonで少し高く販売しても売れるケースは非常に多いです。

ただしなんでも売れるわけではありません。

Amazonで過去に売れている書籍をリサーチし、売れそうな書籍を探して転売するのです。

200〜300円で購入した本が1000円近い金額で売れることもあります。

こちらは薄利多売なのでかなり地道に頑張らないと稼ぎにくいですが、初心者が始めるにはハードルが低いので試す価値はあるでしょう。

転売(せどり)で売れやすいもの②:数量限定で販売される商品

販売数量限定の商品は入手が困難です。

転売するにも、手に入らないことがほとんどです。

しかし、手に入ってしまえば欲しい人はたくさんいるので売れやすいのです。

例えばプレイステーション5が抽選販売された時、定価は6万円ほどでした。

しかし販売当時、メルカリでは10万円を超える値段で取引されていました。

ナイキのスニーカーの新作も毎回10000〜15000円で抽選販売されますが、翌日メルカリを見ると30000円前後で取引されているなんて光景はよくあります。

もし数量限定商品を狙って転売を考えるなら、抽選情報は常に把握しておいて、当選を待つのは必須になります。

転売(せどり)で売れやすいもの③:コレクターが多い商品

こちらもリサーチがかなり必要な商品です。

数量限定販売の商品も該当しますが、全国のどこかに収集している人がいるプレミア品は高値で取引されることが多いです。

その場合、仕入れ値も結構高くつきますがなるべく安く仕入れて高く売れればチャンスがあります。

よくあるのがトレーディングカードや、すでに販売が中止されているプレミア商品です。

自分にとってはなんの価値もないと思っても、欲しがってる人はいくらでもいるのです。

コレクターに向けて販売する場合は「何を収集している人に販売するか」という明確なターゲットが必要になります。

なので値段のつけ方が重要になりますし、売り方も工夫が必要です。

売れればかなりの利益が出るケースもあるでしょう。

メルカリを活用して転売(せどり)で稼ぐ方法

登録者数1000万人を超える日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を使って転売で利益を出すためにどうしたらいいか?

これを順番に説明していきます。

転売のやり方に決まった方法はありません。

あくまで参考までに知っておきたい情報としてご覧ください。

メルカリを活用して転売で稼ぐ①:メルカリに登録

まずはメルカリに登録しましょう。

初めて利用する人はどんなものが売られているか色々探してみるといいかもしれませんね。

 

メルカリを活用して転売で稼ぐ②:転売する商品のリサーチ

さあ、何を転売の商品にするかというところです。

まずはメルカリを利用している客層を考えながら何が売れそうか考えてみましょう。

メルカリを多く利用している客層
①20〜29代女性
②30〜39代女性
③20〜29代男性
※2021年1月現在

女性の方が多く利用していることがわかります。

女性に人気の商品は「アパレル商品」

男性に人気の商品は「ゲーム」「趣味・嗜好品」

転売のライバルも多いですが、よく売れることは間違いないでしょう。

ここからは「リサーチ」に入ります。

見比べていただきたいのが

「ヤフオク」「Amazon」「メルカリ」の3つのサイトです。

ヤフオクやアマゾンをみると同じ商品でも値段が違って売られています。

そしてメルカリではいくらで取引されているか確認します。

取引例

今回は任天堂スイッチをリサーチしてみましょう。

探すのはNintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド」です。

まずアマゾンでいくらで売られているか確認します。

アマゾンでは32970円でした。

次にヤフオクです。

残り1日で17000円。

オークションサイトは締め切りギリギリで金額が一気に上がるのでこんな安くはならないですが。

仮に20000円くらいだった場合、アマゾンより12000円安く仕入れられますね。

では、メルカリに出品したらいくらくらいで取引されているんでしょう。

35400円で取引されていました。

もし20000円で仕入れができた場合は15400円の利益になりますね。

もちろん、こんなうまく行くとは限りませんが、リサーチの仕方としてはこんな感じです。

「安く仕入れができるサイトを探し、メルカリで転売する」

この流れで利益を生むのです。

メルカリを活用して転売で稼ぐ③:商品の仕入れ

仕入れ商品に目星をつけたら早速購入しましょう。

クレジットカードで支払いすれば、支払い期日が延ばせます。

在庫にならないよう、仕入れのしすぎには注意してください。

メルカリを活用して転売で稼ぐ④:メルカリでの出品

購入商品が到着したら早速メルカリに出品してみましょう。

商品の出品の仕方にも工夫する必要があります。

メルカリ出品時に気をつけること
・商品名はタイトル欄に正式名称で書く
・商品詳細と商品の状態は細かく記載する
・様々な角度からわかりやすく写真を撮って載せる
・ハッシュタグをつけて検索されやすくする
・無謀な金額設定をしない

メルカリは販売する際

販売手数料(売上の10%)+送料

自己負担になります。

手数料と送料がかかっても商品利益が出るような金額設定は必要なので注意しましょう。

メルカリを活用して転売で稼ぐ⑤:配送完了で売上獲得

商品が売れたら梱包して配送しましょう。

配達完了の知らせが来れば取引完了、ここで初めて売上としてお金が入ってきます。

梱包作業が結構面倒なのと、雑に送ってしまうとユーザーから低評価を受けてしまい、今後の取引に支障をきたします。

転売は商品を売る仕事なので、お客さんに満足してもらえるよう梱包まで気を使って行いましょう。

Amazonを活用して転売(せどり)で稼ぐ方法

続いてはAmazonです。

多くの人がアマゾンで買い物をしたことがあると思いますが、出品用の別アカウントが存在します。

そちらを使ったアマゾンで転売して行く方法を解説します。

Amazonを活用して転売で稼ぐ①:Amazonの出品用アカウントに登録する

まずはアマゾンに登録します。

次に出品用アカウント「Amazon Seller Central」に登録します。

こちらのアカウントは登録するのに会費が発生します。

ですので、始めるのであれば会費払ってでもやりたいという思いがないと勿体ないかもしれません。

基本的には大口出品での会員登録が多いでしょう。

大口出品 小口出品
会費 4900円/月 100円/1出品あたり
出荷 不要 自分
梱包 不要 自分
配送 不要 自分

面倒な作業はカスタマーサービスが代行してくれるので便利です。

小口出品は始めたての頃は良いかもしれませんが、継続して出品するようになってきたら大口出品の方が圧倒的に得です。

 

小口出品の会員登録は画面をスクロールして下に行ったところにあります。

 

Amazonを活用して転売で稼ぐ②:転売する商品のリサーチ

こちらは上記メルカリで説明した流れと一緒です。

アマゾンは幅広い層の方が使っているので、あまり世代や性別は意識せずに利用してもいいでしょう。

他社サイトや中古品店で安く仕入れ、アマゾンで販売されている価格より安く出品できれば売れる可能性は高いでしょう。

ただし、アマゾン自体がそもそもかなり安値で販売されているのでリサーチには力を入れてくださいね。

参考サイト

メルカリ

ラクマ

ヤフオク

Amazonを活用して転売で稼ぐ③:商品の仕入れ

こちらも上記メルカリと一緒です。

安く仕入れて利益が出せそうな商品を見つけたら購入しちゃいましょう。

Amazonを活用して転売で稼ぐ④:Amazonに出品

商品が到着したら早速アマゾンで出品しましょう。

やり方はメルカリより若干複雑で面倒ですが、多くのユーザーが見ることは確かなのでここは慎重に紹介した方がいいです。

アマゾン出品時に気をつけること
・商品名はタイトル欄に正式名称で書く
・商品詳細と商品の状態は細かく記載する
・様々な角度からわかりやすく写真を撮って載せる
・無謀な金額設定をしない

アマゾンも出品時に販売手数料がかかります。

商品によって手数料の金額は違いますが

販売商品の総額(送料・包装料込)×8〜15%

になるようです。

いくつかの商品には最低販売手数料として30円が課せられる商品もあるようなので、詳しくは規約を読むといいと思います。

 

Amazonを活用して転売で稼ぐ⑤:配送完了で売上獲得

大口出品に登録していれば、アマゾンの倉庫から直接配送してくれるので配送の手間がありません。

商品が売れたらあとは入金を待つだけになります。

アマゾンが支払処理をしてから最長でも5営業日以内に入金されるので結構早くお金が口座に振り込まれます。

毎月50品以上出品すれば小口出品よりお得に利用ができるので、ガンガン仕入れて出品して利益を作りましょう。

転売(せどり)を始めるにあたって準備するもの

いざ転売を始めようと思った時、何を準備したらいいのか。

スマホ1台あればできる仕事とは言いつつも、お金を稼ぐとなると色々準備が必要です。

準備するものリスト
スマートフォン 転売はネットでの取引です。
ネット環境が必須なのでスマホの所持は必須になります。
パソコン スマホがあればパソコンは最悪なくても平気です。
自宅で作業をするときはパソコンがあった方が便利かもしれません。
メールアドレス アカウント開設時にメールアドレスは必須になります。
携帯のアドレスでも問題ありませんが、プライベートのメールと混在しないようにGメールやyahooメールのアカウントで登録した方が便利です。
銀行口座 振込口座がないと入金されません。
自分名義の口座は持っておきましょう。
クレジットカード アカウント開設時にクレジットカードの登録が必要になります。
持ってない場合や枠があまり使えない場合は新規で発行してもいいでしょう。
本人確認書類 複数アカウントで取引することを禁止されることがほとんどなので本人確認書類の提出が義務付けられます。
顔写真付きの本人確認書類の用意が必要です。
※免許証・パスポート・マイナンバーカードなど
配送用具 梱包・配送を自分で行う際は梱包用具が必要です。
出品するものの大きさに合わせた梱包用具を準備しましょう。
※ハサミ・ガムテープ・ダンボールなど

他にもサイトによって求められるものがあるかもしれないので各自確認してみてください。

アマゾン・メルカリを活用して転売(せどり)で稼ぐやり方(まとめ)

転売(せどり)は禁止されている商品に注意さえすれば誰でも気軽に始められるビジネスです。

まずはお小遣い稼ぎ感覚で初めてみてください。

どのくらい稼げるのか?については、どのくらい頑張るか!によって変わります。

販売する量や単価によっても変わりますし、いくら稼げるという保証はありません。

月に1万円程度の副業感覚の人もいれば、月に100万円以上利益を出す専門家もいます。

まずはチャレンジしてみないと始まりません。

「お金がなくて仕入れができない」

という人は

①身の回りの私物を出品してお金を作る

②売れたお金で商品を仕入れる

③販売して利益を作る

この流れで資本金を作り出してみてください。

慣れてきたら海外に出品したり、海外から輸入するステージも見えてきますよ。

おすすめの記事