債務整理中(任意整理中)にお金を借りれるキャッシング業者|お金を作る方法を紹介します

過去に債務整理をして返済を楽にしたとしても、すぐにお金に余裕がうまれる訳ではないでしょう。

急な出費でお金に困る事もありますよね。

債務整理をしているとブラックリストに登録させるためキャッシング業者から融資を受けるのはほぼ不可能です。

そうなると延滞してしまったり、滞納してしまい負の連鎖に繋がります。

しかし、今回まとめるのは債務整理してても相談可能な消費者金融の数々です。

今までキャッシングがしたくても出来ないと思っていた人がいたとしたら、まだ諦めるのは早いです。

これから紹介する消費者金融にチャレンジしていただく価値はあると思います。

そして、お金を借りるだけでは前に進めませんので、お金をなんとか作り出すおすすめ方法もご紹介します。

お金を借りる、作り出すという2軸でお話していこうと思います。

この記事でわかる事
・債務整理中のキャッシングが相談可能な消費者金融
・消費者金融の審査に落ちた時に頼れる相談先
・労働以外でまとまったお金を作り出す方法

 

目次

債務整理中(任意整理中)にキャッシングするために選ぶべき消費者金融は?

債務整理を行うと借金返済の負担は軽減できますが、その反面金融機関からのキャッシングはできなくなるというデメリットも抱えることになります。

銀行のローンや大手消費者金融では債務整理中のキャッシングはほぼ無理と言っても過言ではありません。

しかしどうしてもお金が必要になりキャッシングをしたい時は

「中小企業の消費者金融」

に融資の申し込みをしてみると可能性が残されています。

なぜ中小企業なら可能性があるのか?

それは「客層」「審査方法」に違いがあるからです。

何がどう違うのか。

表にして比較してみます。

大手消費者金融 中小消費者金融
認知度 高い 低い
客層 金融事故のないお客様 大手で落ちて流れるお客様
審査方法 スコアリング審査
システムを使って採点方式で基準点を満たした人に融資がされる。
点数によって可否が決まるので弁解の余地なし。
人による独自審査
申込者の現状や返済能力を判断し個別に審査を行う。
柔軟な審査対応なので相談次第で若干結果が変わることも。
審査基準 過去の金融実績 現在の返済能力

違いがお分かりでしょうか?

認知度が高い大手消費者金融にみんな申込みたいわけですから、属性のいいお客さんはまず大手に申し込むでしょう。

しかし審査に通過できなかった人がなんとか調べて行き着くのが中小企業だったりするのです。

全員がそうではないですが、割合多いのは事実です。

そこで大手と中小企業が同じ審査基準を設けたら意味がないですから、中小企業は独自審査で債務整理や自己破産をしたブラックな人にも対応してくれるのです。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしている人は大手は諦めて自分にあった中小企業を探すことをオススメします。

 

債務整理中(任意整理中)にキャッシングができない人の特徴

どんなに寛容な消費者金融があると言えども、ほぼほぼキャッシングが不可能な条件があります。

今の自分が該当しないか確認してからキャッシングの申し込みをするようにしてください。

 

債務整理中(任意整理中)にキャッシングができない人の特徴①:他社借入が5件以上ある

現在借入がある人で、5社以上からキャッシングをしている人はおそらく追加のキャッシングは厳しいでしょう。

多くの消費者金融が借入条件に「他社借入4社以内」という条件を掲げています。

要はいろんなところから借りすぎて返済が滞るリスクを避けるために消費者金融が決めているルールということです。

金額にかかわらず借入件数が多い人はどこか1社でも返済を終わらせるか、おまとめローンを利用してキャッシングを1社にまとめるなどしましょう。

それが出来ないとなると、追加のキャッシングは難しくなってきます。

 

債務整理中(任意整理中)にキャッシングができない人の特徴②:支払いの延滞・滞納をしている

現在他に借入があって、支払いが遅れているとか支払いができずに滞納している人は100%と言っていいくらい審査に落ちます。

返済能力がない人にお金を貸してくれるほど消費者金融も優しくはないので、延滞・滞納は1番まずいステータスです。

もし借入の申し込みをしたいのなら、現在の支払い遅延や滞納を解消してからの申し込みにしましょう。

ダメ元で申し込んでやっぱり落ちた・・となると、申込み履歴が残り今後6ヶ月くらいは申込みが不利になってしまうので、むやみな申し込みは危険です。

ちなみに延滞は60日を超過するとブラックリスト入りするので気をつけてください。

 

債務整理中(任意整理中)のキャッシングで考えるべきリスクとは?

債務整理中の人がキャッシングを新たにするというのは、普通の人がキャッシングをするよりも多くのリスクを抱え大変なものです。

今お金が必要だから!!という理由でキャッシングをするかもしれませんが、そのあとにどんなリスクが待っているのかも知っておいた上でキャッシングをするか考えるようにしましょう。

 

債務整理中(任意整理中)のキャッシングで考えるべきリスク①:多重債務で返済が苦しくなる

債務整理によって支払い負担を軽減している最中に別会社からキャッシングするのは、当然ですが毎月の返済は大変になります。

返済できる見込みがあるなら良いのですが、後先考えずにキャッシングをしてしまうといつか返済が苦しくて滞納してしまう時が来るかもしれません。

債務整理したあとに滞納があると、残額を一括請求されるケースもありうるので絶対にNGです。

返済できる金額だけ借りるよう計画的にキャッシングを利用しましょう。

 

債務整理中(任意整理中)のキャッシングで考えるべきリスク②:弁護士との信頼関係が崩れる

債務整理をするときは間に弁護士さんが入って仲介してくれることが多いです。

債務整理は生活の再建を誓って行う形になるので、そのために弁護士さんが金融機関に話をつけてくれるのです。

もしその返済期間中にキャッシングをするとなると、弁護士さんを裏切る形になるので担当を辞任してしまうことも考えられます。

すると金融機関からの請求も始まりますし、信用を失うので再度弁護士に依頼するのも難しくなってきます。

本来、債務整理中のキャッシングが弁護士さんにバレるという可能性は少ないですが、何かトラブルが起きた拍子に弁護士に知られたら大変です。

そのあたりのリスクも頭に入れておきましょう。

 

債務整理中(任意整理中)のキャッシングで考えるべきリスク③:闇金業者から連絡が来る

債務整理を行った人は、政府が発行する官報に情報が記録されます。

すると、官報から顧客リストを取得している闇金業者からの電話やDMが来るようになり、しつこい営業を受けることがあります。

闇金業者は「融資します」とか「即日OK」という魅力的な言葉でお金を貸そうとしてきます。

しかし借りたら終わり、法外な利息を請求され一生返済できません。

お金が必要なタイミングでかかってくる闇金からの連絡になるので、思わず手を出しそうになりますが絶対借りないように注意する必要があります。

 

闇金業者を見分けるポイントを覚えておこう

貸金業者の中には闇金業者と言われる悪質な業者が存在します。

嫌がらせや必要以上に過激な取り立て、返済不可能な法外な利息によるぼったくりをしてきます。

1度借りてしまうと返済できませんし、闇金から逃れるには弁護士を立てるとかしないと不可能なのでとても大変です。

事前に闇金業者から借りないための知識を身につけておくことが重要です。

ここでお伝えする闇金業者と優良企業の見分け方は2つです。

闇金業者と優良企業を見分ける2つのポイント
①固定電話の電話番号を設置しているかどうか
②貸金業協会に加盟しているかどうか

この2つを確認することで闇金業者の見分けがつきます。

【固定電話】

貸金業を運営する業者は、固定電話の設置と番号の公表を義務付けられています。

携帯電話での営業活動は禁止です。

闇金業者は「090金融」と言われており、固定電話を設置せず携帯のみで営業しています。

もし携帯電話からの着信が金融業者からかかってきたら疑ってかかりましょう。

【貸金業法】

貸金業を運営する業者は、貸金業協会の会員番号の取得が必須になります。

登録せずに営業を行うことは法律に違反するので犯罪です。

闇金業者は法律違反の金利で儲ける業者なので貸金業協会の登録などしているはずもありません。

貸金業協会のHPから検索して、社名が出てこない業者は疑ってかかりましょう。

日本貸金業協会HPはこちらから

 

債務整理中(任意整理中)にお金を借りれるかも?おすすめキャッシング業者5社を紹介

中小企業の優良企業でキャッシングをするのが、債務整理中の人に残された道というのはお分りいただけたかと思います。

実際にどんな消費者金融で多く申し込みがされているのか?

今回はそれぞれ強みが違う5社を紹介していきます。

ここで紹介する消費者金融は闇金業者の心配はありません。

どれも安心して利用できる消費者金融なので、自分が求める条件にあったところを詳しく見てもらえればと思います。

消費者金融名 金利 借入上限 強み
キャッシングアロー 15.00〜19.94% 200万円 審査の柔軟性
セントラル 4.80〜18.00% 300万円 高額融資が出やすい
フクホー 7.30〜18.00% 200万円 口コミ支持率No.1
フタバ 14.959〜17.950% 50万円 激戦区東京の老舗
スカイオフィス 15.00〜20.00% 50万円 スピード対応・スピード融資

ここからそれぞれの特徴を詳細に説明していきます。

 

債務整理中(任意整理中)におすすめなキャッシング業者①:キャッシングアロー



会社名 株式会社アロー
本社所在地 愛知県名古屋市
代表電話 052-353-9900
創業 2000年11月6日
加盟番号 日本貸金業協会会員 第005786号
融資額 1〜200万円
実質年率 15.00〜19.94%
融資条件 20歳以上65歳以下の有職者
最短審査時間 45分

 

キャッシングアローの特徴は「債務整理してても相談可能」と公言している点です。

利用するお客さんが大手で落ちたりブラックな人が多い事から、少額ながら多くの人に融資をしている実績があり審査は通過しやすい可能性があります。

2000年に創業した割と若い会社なので新規顧客の獲得には意欲的なので、借りれることが何より優先は人はキャッシングアローが合っていると思います。

返済シミュレーション(最長84回払い)
借入金額 月々最低返済額
10万円 3000円
20万円 5000円
30万円 7000円
40万円 9000円
50万円 11000円

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

債務整理中(任意整理中)におすすめなキャッシング業者②:セントラル



会社名 株式会社セントラル
本社所在地 愛媛県松山市
代表電話 0570-038-038
創業 1973年
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001473号
融資額 1〜300万円
実質年率 4.80〜18.00%
融資条件 20歳以上の有職者
最短審査時間 30分

 

セントラルの特徴は「高額融資が出やすい」という点です。

高額といっても20〜30万円くらいの初回融資が見込める可能性が高いということです。

他社では10万円前後の紹介融資が多く見られる中、セントラルは30万円前後でも融資可決しているケースが多くあります。

また、30日間金利0円というキャンペーンも行っているので利息を抑えられるメリットもあります。

まとまったお金をキャッシングしたい人にはセントラルが合っていると思います。

返済シミュレーション(最長60回払い)
借入金額 月々最低返済額
10万円 2526円
20万円 5052円
30万円 7578円
40万円 10104円
50万円 12630円

カードローン・キャッシング・ご融資なら
創業41年のセントラルへ

債務整理中(任意整理中)におすすめなキャッシング業者③:フクホー



会社名 フクホー株式会社
本社所在地 大阪府浪速区
代表電話 0570-666-294
創業 1967年3月
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001391号
融資額 1〜200万円
実質年率 7.30〜18.00%
融資条件 20歳以上の有職者
最短審査時間 即日

 

フクホーの特徴は「口コミ件数と評価が良い」という点です。

キャッシング業者の口コミサイト
https://www.karireru.com/iken/?code=fukufo00

では大手と互角の評価を獲得しており、中小企業の中ではダントツの1番評価を得ています。

審査の柔軟さや融資上限額、金利の安さなどバランスがとれているので安心して利用しやすいのです。

口コミを何より参考にして業者を選びたいという人にフクホーは合っていると思います。

返済シミュレーション(最長36回払い)
借入金額 月々最低返済額
10万円 3591円
20万円 7182円
30万円 10774円
40万円 14365円
50万円 17956円

キャッシング・ローンのことならフクホーへ!

債務整理中(任意整理中)におすすめなキャッシング業者④:フタバ



会社名 フタバ株式会社
本社所在地 東京都千代田区
代表電話 03-5833-5511
創業 1963年8月1日
加盟番号 日本貸金業協会会員 第000034号
融資額 1〜50万円
実質年率 14.959〜17.950%
融資条件 20歳以上の有職者
最短審査時間 即日

 

フタバの特徴は「東京で50年以上続く安心安全の老舗」という点です。

大手消費者金融が立ち並ぶ激戦区東京で長く続くというのは信用があることを意味します。

借りやすくて返しやすいというキャッチフレーズの通り、審査も早く融資も柔軟で人気がある消費者金融なのです。

女性専用窓口のレディースキャッシングもご用意があります。

信用があって借りやすい老舗が安心だという人にフタバは合っていると思います。

返済シミュレーション(最長72回払い)
借入金額 月々最低返済額
10万円 2277円
20万円 4555円
30万円 6833円
40万円 9111円
50万円 11389円

キャッシングのフタバは即日融資対応
30日間無利息キャンペーン中

債務整理中(任意整理中)におすすめなキャッシング業者⑤:スカイオフィス



会社名 株式会社スカイオフィス
本社所在地 福岡県博多市
代表電話 092-432-0801
創業 不明
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001567号
融資額 1〜50万円
実質年率 15.00〜20.00%(新規の方は20.00%以下)
融資条件 20歳以上の有職者
最短審査時間 30分

 

スカイオフィスの特徴は「対応が早い」という点です。

審査も最短30分で対応も早く、とにかく待ち時間が少なく結果が出ます。

全面的にスピードを打ち出しているだけあり、ユーザーからも早い!!と評判です。

金利や上限額は他社より若干劣る部分はありますが、とにかく早さが重要だという人はスカイオフィスが合っていると思います。

返済シミュレーション(最長60回払い)
借入金額 月々最低返済額
10万円 2539円
20万円 5078円
30万円 7618円
40万円 10157円
50万円 12696円
スカイオフィスをもっと知りたい方はこちらがおすすめです

即日振込み可能!!
50万円まで融資可能

債務整理中(任意整理中)でもまとまったお金が作れる方法

お金を借りるのにおすすめな消費者金融の紹介をしてきましたが、稼ぐという観点でまとまったお金を作る方法も視野に入れるといいと思います。

キャッシングに比べると即効性はないものの、借りたお金を返済するためのまとまったお金づくりとして取り入れていくのもアリですね。

本当にお金に困って何とかしたい!!という人に2つ、簡単な方法を紹介します。

 

債務整理中(任意整理中)にまとまったお金を作る方法①:治験に参加する

治験とは何かと言うと、医薬品のモニターです。

開発されて市場に出回る前に実際薬を飲んで異常がないか確認するモニター案件で、主に数日間の入院で10万円以上のお金が手に入る案件が多いです。

世間的なイメージでは「人体実験」のようなマイナスなイメージが強い方もいるかもしれませんが、副作用だったり体への異常はほとんどありません。

医療も進んでいますので心配はほとんどいらないです。

治験がおすすめな方 ・有休など使って休みが自由に確保できる方
・まとまったお金が欲しい方
・健康な方
治験がおすすめしにくい方 ・注射が大嫌いで献血とか無理という方
・タバコが我慢できない方

例えばこんな案件があったとしたらどうでしょうか?

治験案件の例
・2泊3日を2回実施
・1日1回の投薬
・ベッドの上でひたすら座っているだけ
・報酬10万円

案件によっては20万円を超える案件もゴロゴロありますが、上記のような案件は日程さえ確保できればかなりオイシイ案件です。

実際私も参加しましたが、ただ暇な時間を過ごすのが大変なだけで体には何も起きません。

興味がある方は情報だけでも得ておくことをオススメします。

健康食品や化粧品など案件は幅広くあるので覗いてみてください。



 

債務整理中(任意整理中)にまとまったお金を作る方法②:買取サービスで身の回りのものを売却する

身の回りに売却できそうなものがあれば、高額買取サービスに買い取ってもらうのも1つの手です。

お金に困っているのだから、この期に断捨離するつもりでものを売ってみてはいかがでしょうか?

出張買取サービスを利用すれば、自宅まで買取業者がきてくれて、その場で現金が手に入るので楽で便利です。

CMでもおなじみの「バイセル」なら出張査定・宅配査定・持込査定と様々な方法で査定を行ってくれます。



 

BUYSELLで買い取ってもらえるもの
切手・着物・毛皮・古銭・金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石・ブランド服・ブランド品・時計・骨董品・お酒・金券など

着なくなった服や使わなくなったアクセサリーなど少しでもお金に変えて即日現金を作り出せれば数万円はできるかもしれないので試してみる価値はあります。

 

債務整理中(任意整理中)のキャッシングができずに困った時の相談先

民間企業のキャッシングが全滅してしまった・・という場合、最後の手段と思って厚生労働省の生活福祉資金貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか?

この制度は収入が減り生活に困っている人や、低所得層の人たちの生活を助けるための国の施策です。

なので国からお金を借りるということになります。

生活福祉資金の貸付対象
・低所得者世帯(他から資金調達ができない世帯)
・障害者世帯(障害者手帳を交付された人が属する世帯)
・高齢者世帯(65歳以上の人が属する世帯)

申し込みから審査・融資まで2〜3週間時間がかかるので、急ぎでキャッシングをしたい人には少し使いにくいかもしれません。

どんな内容の制度があってどのくらい借りれるのか。

貸付条件を簡単に紹介します。

資金の種類 詳細 上限額 利子 保証人
生活支援費 生活再建までに必要な費用 月15万円以内
(単身の場合)
なし(保証人あり)
年利1.5%(保証人なし)
原則必要
(なしでも貸付可)
住宅入居費 賃貸契約を結ぶための敷金・礼金の費用 40万円以内
一時生活再建費 生活再建のために必要で一時的に必要な大金の費用 60万円以内
緊急小口資金 緊急かつ一時的に必要な少額の費用 10万円以内 無利子 不要

メリットは利子の安さ・デメリットは融資が遅い、返済期限が短いといったところでしょうか。

借りれる対象になる人がかなり限られるので大衆的に便利な制度ではありませんが、家庭の事情でお金が必要になる人には助かる内容かもしれません。

もちろん国からの融資も審査はありますので、興味がある人は早めに行動を起こしておく方がいいでしょう。

 

いくらお金が必要でもやってはいけないこと

本当にお金が必要だとしても闇金からお金を借りたり、クレジットカードを利用した現金化はやめましょう。

闇金業者は債務整理者を官報からリスト化し、しつこく電話やDMをしてきます。

「お金貸します」という甘い言葉に乗せられてキャッシングをしてしまうと一生返済できなくなります。

金融業者からお金を貸しますよと言ってくる時点で怪しい会社なので、慎重に対応するようにしてください。

 

もう1つがクレジットカードの利用枠を使い、手元に現金を作ることです。

多くみられるのが、ブランド品などの高額な商品を購入して質屋で売却する方法です。

いくら高く売れたとしても買取額の方が低くありますから得することはありません。

むしろ結構マイナスになる可能性が高いので後々返済に苦しむことが考えられます。

キャッシングをして利息を払うよりよっぽど高くつきますのでやめておきましょう。

 

債務整理中(任意整理中)の方に最後にお伝えすること

キャッシングはすぐにお金が手に入り、一時的にお金に余裕があるような感覚に陥りやすいものです。

しかしいずれ返さなくてはいけないお金なので慎重に考えましょう。

借りずに済む方法を考え、どうしても困った時にキャッシングをするようにしないと負のループにはまってしまいます。

お金がやばい・・と思ったらまず働いてお金を作ることが最優先。

間に合わない時に初めてキャッシングを検討してください。

10万円借りたとして、月に1万円返済する場合、返済に1年を要するわけです。

借りた金額より多く返す必要があるのです。

それでも困った時は上記の消費者金融を参考にして頂けると幸いです。

 

おすすめの記事