キャッシングを考えているブラックでお悩みの方へ!!お金を借りられる消費者金融と注意点

過去に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしていたり、長期延滞を経験していると、金融ブラックになっている可能性が高いです。

借入やクレジットの発行ができなくなり不便な生活が続くことになりますね。

そんな時でも、まとまったお金が必要になる時ってあったりします。

急に冠婚葬祭の用事ができた・・
パソコンや家電が壊れて修理に・・
病気にかかって入院代が・・
2ヶ月後に大きな支払いがある・・
コロナウイルスの影響でちょっとお金がきつい・・

様々ですが、いろんなことが起きた時に知人に借りたり身内に借りることができない時は消費者金融をあてにするしかないこともあるでしょう。

しかし、本当にブラックだとしたらみなさんが知っている有名な消費者金融で借りることはおそらくできません。

じゃあどこなら借りれるの?

って話になりますね。

闇金業者に騙されず、優良企業からお金を借りられるための情報をこの記事でお伝えしていきます。

この記事でわかる3つのテーマ
①そもそも本当にブラックなのか?
②自分に合った消費者金融の選び方
③審査に落ちないためできることの確認
この記事を読んでもらいたい読者の方
・自分がブラックなのどうかわからない
・今後キャッシングを検討するかもしれない
・どんな消費者金融を選んだらいいのか悩む
・何に注意したらいいのか知っておきたい

目次

そもそもブラックじゃない可能性も?

ブラックだと思っていたら実はブラックじゃなかった!!みたいなこともあるかもしれません。

金融ブラックに登録されるにはいくつかの条件があります。

下記の項目に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

金融ブラックになる条件
□過去5年以内に債務整理を行なっている
□携帯やローンの支払いを61日以上滞納してしまった
□何かしらの支払いを3ヶ月以上滞納してしまった
□強制解約処分を過去に受けた

上記のどれか1つでもチェックが入るようなら金融ブラックの可能性が高いです。

逆に言うと、上記に当てはまらず1ヶ月ほど支払いが遅れたことがある・・

くらいであればブラックまでいかないケースがあるので、大手の消費者金融でも審査に通ることができるかもしれません。

ただし、現在延滞がなく期日までの支払いができていることが条件です。

今でも延滞がある人は解消しないとキャッシングは難しいでしょう。

特に携帯電話の滞納は審査面にかなり影響しますのでご注意ください。

自分の信用情報を確認する方法

延滞実績があるかどうか、信用情報が傷ついているかどうか知りたいという人はCICのインターネット開示で見ることができます。

CICとは個人信用情報を扱う機関です。

「CIC 開示」とネットで検索すると1番上に出てきます。

下記のボタンからもアクセスできます。

ちなみに個人情報の開示は1回行うのに1000円必要なのでご注意ください。

 

CICの開示をすると、携帯代や利用中のクレジットカードの支払い状況が一覧で開示されます。

注意して見ておきたいポイントは2つ。

1つは「返済状況」と書かれた場所に「異動」という文字が入っているかです。

上記の写真には何も書かれていないので特に問題はありませんが、ここに「異動」と書かれていると過去に事故を起こしたということになります。

要はブラックになっているということです。

もう1つは1番下に書かれている「入金状況」という欄に「A」と書かれた月があるかです。

これは毎月の支払いを延滞せずに返済できているか状況確認ができる指標です。

$=入金確認済
A=入金遅れ

このようになっています。

Aがあるとブラックというわけではありませんが、Aがついてしまうと延滞扱いになり連続でAがつくとキャッシングをする際には大きく影響します。

直近で連続Aがついていると正直厳しいかもしれません。

「異動」も「A」の履歴もない人はブラックではない可能性もありますね。

ブラックなのであれば大手は諦めて中小企業の消費者金融から選ぼう

上記の診断で自分はブラックの可能性が高いと思った人は、中小企業の消費者金融を探して申し込む方が借りられる可能性が高いです。

大手と中小では客層や認知度の違いから、営業スタイルが全然異なるのです。

少し比較してみます。

大手消費者金融 中小消費者金融
認知度 高い 低い
多い客層 初めての利用者 大手で審査に落ちた人
審査方法 スコアリング審査
システムを利用した減点方式で、会社が定める基準点をクリアしないと審査落ち。
信用情報が悪いとかなり厳しい。
独自審査
申し込み情報を元に審査課の人間による柔軟な審査。
1人1人状況に応じて対応してくれる。
業者例 アイフル・アコム・レイクALSA・プロミス・SMBCモビットなど フクホー・セントラル・キャッシングアロー・ニチデン・フタバ・スカイオフィスなど

なんとなく違いがわかるかと思います。

大手は新規の優良客が多いので、金融ブラックの人に融資するほどリスクを犯すことはないです。

中小は認知度がなく、新規のお客さんはそこまで多くないでしょう。

大手で審査に落ち、ネットで調べて見つけた消費者金融に申し込んだと言う流れが多いようです。

なので同じ審査基準でやっていたら商売にならないわけです。

人による審査で「債務整理してても相談可能」と公言している会社もあるので、狙うなら中小企業に申し込むのがベストでしょう。

自分に合った消費者金融を選ぼう

過去に債務整理や延滞を経験しブラックになってしまった人が、今どんな状況に置かれているかで選ぶ消費者金融は変わってきます。

自分の今の状況と、消費者金融の特徴を照らし合わせて1番合った消費者金融を探してもらいたいと思います。

下記の「現状」に対する「選ぶ消費者金融」をご参考にしていただければと思います。

 

現状 選ぶ消費者金融
①現在他社借入や延滞がない
急ぎではないが近日中にお金が必要
セントラル・ユニーファイナンス
②現在他社借入が1〜3社あり返済中
急ぎではないが近日中にお金が必要
キャッシングアロー・フクホー
③現在他社借入が1〜3社あり返済中
緊急で近日中にお金が必要
フタバ・スカイオフィス
④現在他社借入が4社以上あり返済中 おまとめローンで返済負担を軽減してみては?
⑤現在延滞している借入がある 延滞を解消してから出直しましょう

 

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:セントラル



会社名 株式会社セントラル
本社所在地 愛媛県松山市
代表電話 0570-038-038
創業 1973年
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001473号
融資額 1〜300万円
実質年率 4.80〜18.00%
融資条件 20歳以上の有職者

 

セントラルは使い勝手がかなり良いので、急ぎじゃなくお金が必要な人にはオススメです。

まず融資してもらえる金額が大きい。

最大で300万円、初回の融資でも30〜50万円くらいでる事も結構あるようです。

他社借入が多くあるとセントラルからの融資もあまり受け取れなくなってしまうので、他社借入がない人の方が多めの融資が受けれるかもしれません。

そして全国のセブン銀行で借入が可能。

セブン銀行ATMでセントラルのキャッシングを利用することができ、日本全国多くの人が使いやすい環境が整っています。

わざわざ銀行に行かなくてもコンビニで済ませられるなら負担が軽減できますね。

電話対応にも定評があり、大手と変わらないレベルのサービスを提供してくれる消費者金融なのでブラックに悩んでいても試す価値はあります。

 カードローン・キャッシング・ご融資なら
創業41年のセントラルへ

もっとセントラルを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:ユニーファイナンス



会社名 株式会社ユニーファイナンス
本社所在地 愛知県名古屋市
代表電話 052-586-0448
創業 1971年1月
加盟番号 日本貸金業協会会員 第003412号
融資額 1〜300万円
実質年率 12.00〜17.95%
融資条件 20歳以上の有職者

 

ユニーファイナンスもセントラル同様使い勝手が良い消費者金融です。

まず金利が18.00%を下回る。

大手でも最高金利は18.00%に設定している会社が多く、17.95%はわずかですが金利が安く済むのです。

長期で返済するとなるとちょっとした金利の差が大きくなってくるので、金利を安く抑えたい人にはありがたいですね。

そしてプロミスATMで借入が可能。

FITカードという専用カードを発行すれば全国のプロミスATMで借入が可能になり、利用しやすくなることは間違いありません。

大手消費者金融と提携があるという点も安心して利用できるポイントになります。

オペレーターに色々聞かれることが多いようですが、審査をしっかりしてくれている証拠なので正直に対応していきましょう。

 キャッシングならユニーファイナンス

もっとユニーファイナンスを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:キャッシングアロー



会社名 株式会社アロー
本社所在地 愛知県名古屋市
代表電話 052-353-9900
創業 2000年11月6日
加盟番号 日本貸金業協会会員 第005786号
融資額 1〜200万円
実質年率 15.00〜19.94%
融資条件 20歳以上65歳以下の有職者

 

キャッシングアローは審査がとても柔軟なので、他社借入がある人でも借りれる可能性が高いです。

アローは新規顧客獲得に力を入れています。

2000年創設と、まだ若い会社なので認知度が必要になります。

新規顧客に対しては融資の実績が高く、大手で落ちたのにアローでいけた!!という口コミも多数あり。

金利はそこまで安くないですが、確実に借りたいならアローでしょう。

何より、≪独自審査≫過去に自己破産・債務整理された方もご相談可能です!!と公言している。

当サイトでも問い合わせ実績No.1ですし、ブラックでも相談OKと言っている消費者金融など多くはありません。

かなり期待値を高く持てるのがアローです。

 ≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

もっとキャッシングアローを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:フクホー



会社名 フクホー株式会社
本社所在地 大阪府浪速区
代表電話 0570-666-294
創業 1967年3月
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001391号
融資額 1〜200万円
実質年率 7.30〜18.00%
融資条件 20歳以上の有職者

 

フクホーは中小企業の中でも圧倒的にユーザーの口コミを集めている消費者金融です。

フクホーの特徴は利用者の良い口コミが多数ある事。

消費者金融を探すとき、ユーザーは口コミ評価を非常に参考にしています。

参考になる材料がたくさん揃っているのは強みですし、それだけたくさんの方が評価をするというのは、借りやすいか対応がいいかでしょう。

口コミを何より参考に探したい人はフクホーがダントツです。

そしてブラックなのに審査に通った実績が多いようです。

50年以上続く会社なのでやはり審査はかなり柔軟な様子で、必要書類は多いが借りれたという声がたくさん寄せられています。

即日融資は難易度が高いかもしれませんが、高確率で審査が通過できそうな感じはあります。

 キャッシング・ローンのことならフクホーへ!

もっとフクホーを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:フタバ



会社名 フタバ株式会社
本社所在地 東京都千代田区
代表電話 03-5833-5511
創業 1963年8月1日
加盟番号 日本貸金業協会会員 第000034号
融資額 1〜50万円
実質年率 14.959〜17.950%
融資条件 20歳以上の有職者

 

フタバは東京を拠点にする老舗消費者金融です。

借りやすくて返しやすいと公言しており、審査最短30分のスピード審査。

利用しやすさをウリにしている消費者金融で融資までの時間がかからないのが強みです。

さらに、過去に自己破産・債務整理等された方もまずはお申込みください。と公言しています。

大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった方もお申込みください。とも言っています。

相当審査は融通を利かせてくれる予感がします。

急ぎで借りやすいところと言ったらフタバかもしれませんね。

 キャッシングのフタバは柔軟な審査で来店不要
WEB申込で24時間全国お申込み受付中
30日間無利息キャンペーン中

もっとフタバを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

ブラックでもお金を借りられる消費者金融:スカイオフィス



会社名 株式会社スカイオフィス
本社所在地 福岡県博多市
代表電話 092-432-0801
創業 不明
加盟番号 日本貸金業協会会員 第001567号
融資額 1〜50万円
実質年率 15.00〜20.00%(新規の方は20.00%以下)
融資条件 20歳以上の有職者

 

スカイオフィスは早さに徹底的にこだわる消費者金融です。

スピード審査・スピード融資がモットー。

とにかく素早い対応で審査結果も最短30分なので、なりふり構わず早く借りたい人はオススメです。

即日融資も可能なので早くお金が必要な人はチャレンジして見る価値はあります。

他社で断られた人に対して柔軟に対応してくれるのも良いところです。

他でダメでもウチならなんとかしますよという意味もあるかもしれないので、2社目以降の申し込みになる人はスカイオフィスに申し込んでみてください。

 即日振込み可能!!
50万円まで融資可能

もっとスカイオフィスを知りたい人はこちらの記事をご参考にしてください。

お金を借りるための注意点

せっかく消費者金融に申し込んでも審査に落ちたらもったいないですし、そう何度も連続で申し込めるものでもないです。

だとしたら、1回で審査に通過できるように最大限気をつけておきたいことがあります。

いくつか確認しておきましょう。

お金を借りるための注意点:申し込み時に嘘はつかない

申し込みの情報入力時に思わず嘘の入力をしてしまうケースがよくありますが、きっとバレますので正直に全て入力するようにしてください。

よくあるのが「他社借入額」と「年収」です。

他社借入額は業者サイドで調べれば分かってしまう部分もありますし、年収は収入証明書を提出したらバレます。

誤差程度なら許容範囲ですが、あまりに違う数字を書いてしまうと危険なので気をつけてください。

お金を借りるための注意点:複数社同時に申し込まない

2社以上の同時申し込みは審査状況を悪化させるだけなのでNGです。

どっちか通過すれば・・みたいな気持ちもありますが、1社ずつ結果が出てからダメなら次にいくようにしてください。

消費者金融側には全てバレてます。

消費者金融
この人何社も申し込んで何に使うんだろう。
踏み倒されたら危険なので今回は見送ろう。

こう思われてしまっては審査通過は厳しいものとなります。

否決が続いたとしても、月の申し込みは多くて3社以内にしておくことをオススメします。

あまりにたくさん申し込むと「申し込みブラック」になり、要注意人物として扱われてしまいますのでご注意ください。

 

お金を借りるための注意点:総量規制に注意して申し込み金額を希望する

総量規制とは何か?というと

年収の3分の1を超える借入は禁止

というものです。

年収の3分の1ー現在の借入=借りられる金額
※年収が300万円の場合
100万円以内の借入しかできない

となりますので、すでに現在の借入金額が年収の3分の1を超えているようだとキャッシングは不可能です。

借入希望金額を申請するときも、30万円希望しても枠が20万円ほどしかなければ満額は借りられないので事前に計算しておくといいかもしれません。

お金を借りるための注意点:ある程度の収入がないと借入は不可能

キャッシングをする以上年収がどのくらいあるかは重要になります。

金額的に年収100万円を下回るようだとかなり厳しくなってくるのではないでしょうか。

特に安定した収入がどのくらいあるか?を重要視する消費者金融が多いので、会社員のような雇われ社員が有利なのは事実あります。

逆にキャッシングがしにくい職業もあります。

キャッシングがしにくい職業の方
・アルバイト
・パート
・専業主婦
・自営業

自営業で収入があっても審査が難しいところもあるので注意が必要です。

毎月の収入が安定している事を収入証明書にて証明できればチャンスは大きいです。

お金を借りるための注意点:延滞中の支払いがあると借入は不可能

延滞中の借入があるというのがキャッシングをする上では1番良くないことです。

消費者金融は「この人に貸したら延滞される」と間違いなく思いますから融資は確実に落ちるでしょう。

申し込む前に現在延滞がないか良く確認しておいてください。

延滞を解消するためにキャッシングを考えているのだとしたら、それは無理な話です。

諦めるしかないでしょう。

キャッシングの審査に落ちてしまってもやってはいけないこと

キャッシングの審査に落ちてしまいお金が調達できないとなると、なんとか現金を用意する方法を考えると思いますが、絶対やってはいけない事もあります。

良く耳にする「闇金」と「クレジットの現金化」という2つは手を出さないようにしてください。

なぜダメなのか?という理由を詳しくお話します。

 

闇金業者からキャッシングをしてはいけない

そもそも闇金業者というのはどんな事をしてくる業者なのか知っていますか?

簡単に特徴をあげてみましょう。

闇金業者の特徴
・法律に従わず無断で貸金業を行なっている
・1度借りたら返せない法外な利息を請求してくる
・返済が滞ると知人や家族にまで連絡してくる
・嫌がらせや脅しが頻繁にされる
・都合が悪くなったら連絡不通になり逃げられる

これだけ聞くと借りてはいけないとわかりますね。

要は絶対返せないし、返さないと永遠に追われるのです。

「お金貸しますよ」という甘い営業トークに乗っからず関わらないようにしてください。

どうやって見極めたらいいの?と思いますよね。

簡単な見極め方を紹介します。

闇金業者の見極め方
・携帯電話で対応してくる業者は危ない
・社名を聞いて検索に引っかからない業者は危ない
・「絶対借りれる」「無審査」といった借りれると断言してくる業者は危ない

闇金業者は基本携帯電話で対応してきます。

その時点で法律違反なのでパスしてください。

クレジットのショッピング枠を現金化してはいけない

手元のクレジットカードのショッピング枠を利用すれば、うまく現金を作り出せる可能性があります。

「商品を買う→売って現金にする→ショッピングリボに変更」

こうすれば、まとまったお金を作り出し支払いを遅らせることができます。

しかしこれは相当なグレーゾーンで、場合によっては犯罪として取り扱われるかもしれません。

クレジットカード会社も利用規約の中に「現金化の禁止」という項目を設けています。

なので利用規約に反する行動とみられるのです。

クレジットの現金化がカード会社にバレたら・・
・カードが強制解約されることがある
・利用金額を一括で請求される場合がある

カードを失い、一括の請求がくるリスクを考えると現金化はするべきではありません。

ショッピング枠の現金化をサポートしてくれる業者もあるのですが、そこは心を鬼にして関わらないほうが今後のためです。

よくある質問コーナー

よく質問に挙げられている内容をQA方式で簡単に答えるコーナーです。

いくつかピックアップしてみました。

Q、在籍確認は必須なの?

ほとんどの消費者金融で在籍確認は必須です。

在籍確認は、本当に会社に在籍しているか確認するもので、不正申し込み等を防ぐ役割も持っています。

会社に電話がかかってくるのですが、基本的には担当者が個人の名前で電話をしてくれるので消費者金融からの電話だとバレる心配はほとんどありません。

どうしても自分が在籍確認の電話に出たい時は、担当者に連絡希望時間を伝えて自分が出てるようにしておいてもいいかもしれません。

「アムザ」や「キャネット」という街金は在籍確認なしでもOKな場合があるようです。

Q、学生やパートでもキャッシングは可能なの?

学生やパートでも収入があればキャッシングは可能です。

しかし、会社によっては学生パートNGのところもありますのでご注意ください。

消費者金融側は安定した収入があるかどうかを判断します。

そのため「自営業・主婦・パート・アルバイト・学生」は借りにくい所も多いです。

職業属性に関する問い合わせは非常に多いので、各企業のHPのQAコーナーによく記載があります。

気になる消費者金融があれば確認してみてください。

Q、消費者金融からのキャッシングって家族にバレる心配はある?

キャッシングしたことが家族にバレる可能性はあります。

電話・郵便物が自宅にくることで借入をしたということがバレることがあるのです。

どうしてもバレずにしたい時は、郵便物を本人限定郵便にしてもらえるか確認をとってみてください。

そうすれば自分以外の人が消費者金融からの郵便を受け取らずに済みます。

郵便物の対応をしたくない人は、無人契約機のある消費者金融を利用がオススメです。

Q、どこにも審査が通らなかったらどうする?

何社か受けてもどこも審査に通らなかったら諦めましょう。

別の方法でお金を作るしかありません。

何社も落ちるということは、キャッシング不可の何かしらの条件にはまってますし、申し込みしすぎると逆に履歴が残ってしまい余計借りれなくなります。

キャッシングではなく「労働・売却・治験」などをうまく使いまとまったお金を手にすることです。

質屋でキャッシングできるケースもありますので急ぎの方は試してみてもいいかもしれません。

Q、闇金でお金を借りてしまったらどうしたらいい?

借りた業者が闇金だった場合は、急いで弁護士に相談しましょう。

闇金業者は逃げ回っても追いかけてきますし、家族や友人などにも嫌がらせが発展することがあるので要注意です。

闇金対応に特化した弁護士に対応してもらえば、闇金から借りたお金を返さなくてもよくなる場合もあります。

違法業者からの借入なので、返済の義務がないのです。

まともに返済を続けても絶対返せないので早めに行動するべきです。

お金を借りられる消費者金融と注意点のまとめ

本記事でお伝えした内容を元に消費者金融への申し込みをしていただければ、可決の可能性は非常に高いものになるはずです。

そう何度も挑戦できる申し込みではないので、確実に借りられる準備を整えておくことが必要ということが伝われば幸いです。

お金を借りることは簡単ですが、返済するのは大変です。

本当にキャッシングが必要か考え、利用した場合は計画的に返済できるプランを立てておくべきです。

うまく利用できれば便利なので、お気に入りの消費者金融を探して是非融資を勝ち取っていただければと思います。

 

おすすめの記事