物流 コロナ 応援に4月15日のgoogleロゴが変更!!物流や配送業者に感謝を込めて!!

4/15のgoogleロゴが物流 コロナ 応援に変更されました。

 

 

今後、数週間にわたりgoogleのロゴが新型コロナウイルスに関する呼びかけに変更していくようです。

今回は第8弾!!

 

このロゴにはどんな意味があるのでしょうか?

 

今回のgoogleロゴに込められた想いとは?

 

今回のロゴに込められた想いは

梱包・発送・配送の担当者の皆様、ありがとうございました

というものです。

荷物を配送する運転手がロゴになっていますね。

 

新型コロナウイルスの影響で国民や企業に求められた要請

・在宅勤務でのテレワークの要請
・外出自粛、濃厚接触を避ける生活要請

この2つにより多くの国民の生活が変わりました。

会社に行かず在宅勤務になった会社が多いことで、パソコンや会社で使うツールを自宅に配送する人が増えたんじゃないでしょうか。

私の会社もみんな在宅になった事で配送物が山積みでした。

 

ご家庭で過ごされる方も、人との接触を防ぐために

・ネットでお買い物
・デリバリーサービスの利用
・ご家族への生活物資の配送

こういったものの利用が増えたのではないでしょうか。

 

こうなると物流業者や配送業者は毎日大忙しです。

いきなり山のような注文が入ったり配送が殺到するわけですから、休みなく働いてくれています。

接触を防ぐような工夫をして、玄関前に荷物を置いて立ち去るような配慮までしてくれて本当にありがたい事です。

 

我々が携帯1つで買い物をしている裏では物流関係者が必死に頑張ってくれています。

コロナに負けず毎日迅速にお届けしてくれる配送関係者を応援し、感謝賞というgoogleからのメッセージなのでしょう。

 

コロナに負けるな!!466億円を注ぎ込んだアベノマスクに応える物流業者を応援しよう!!

 

安倍首相が新型コロナウイルス対策で国民の不安を払拭するために行なった施策は

1世帯当たり2枚の布マスクを配布する

というものでした。

世間では「アベノマスク」と言われており、賛否両論いろんな意見があるようです。

この取り組みで布マスクの製造と配送にかかる費用が466億円だそうです。

 

個人的な意見としては、マスクが要らないように自宅で自粛してるわけですし、多くの企業が大量にマスクの生産をしているのでそのうち手に入るでしょ!!と思ってしまいます。

だったらマスクを買うお金をくれって思ってしまいます、ちょっと反抗的でしたかね・・。

 

この布マスクは郵便局の協力も得て全国5000万世帯に一斉配送されます。

噂によると、布マスクのサイズが小さくて口と鼻が両方隠れるようにするのが大変らしいです。

すでに届いた医療従事者の意見です。

 

全国5000万世帯にマスク2枚ずつ届ける配達員の数や苦労を思うととてつもない感謝が湧いてきます。

我々の身を守るアイテムを日本中の配送関係者が運んでくれるのです。

これは感謝しなくてはいけませんね。

不満もたくさんあるかと思いますが、届けてくれた配達員には心からのありがとうを伝えましょう。

 

コロナに負けるな!!運送・物流企業を応援するキャンペーンも稼働

※引用サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000037142.html

 

埼玉県に本社を置く株式会社ドラEVER」は、新型コロナウイルスの影響でビジネスを活性化できず苦境に立たされた多くの運送・物流会社を応援するキャンペーンを3/19(木)より実施しました。

株式会社ドラEVERが運営する求人サイトで定評のあるサービスの数々を無料提供するほか、5大特典を設けて物流・配送会社の人材確保に協力する活動を開始しました。

 

こんなご時世なので人材は足りるはずもありません。

多くの人手が必要でしょう。

業界内で支え合い、我々に安全を与えてくれる多くの企業があることを忘れてはいけません。

1秒でも早く和たちたちの手元に荷物を届けてくれる物流・配送関係者に心から感謝したいと思います。

 

早くコロナが収束してショッピングや食事を楽しめる毎日に戻ってほしいですね。

きっとあと少しの辛抱です。

頑張りましょう!!

おすすめの記事