2019 年ハロウィンバージョンにGoogleのロゴが変更!!10/31は日本中で仮装ハロウィンパーティ!!

10/31のGoogleのロゴがハロウィン仕様に変更されましたね!!

今日は年に一度のビッグイベント、ハロウィンですからね、可愛いロゴが素敵です!!

実際街中では仮装して徘徊する人の姿が多くなってますが、ハロウィンについて詳しく調べた事がある人っているんでしょうか

Googleロゴの変更をきっかけに、少しハロウィンについて知っていこうと思います。

 

ハロウィンの起源はいつ?

ハロウィンとは毎年10/31に行われるもので、古代ケルト人が起源となっているお祭りのことで、1800年代から行われている伝統ある行事です。

もともとは「サウィン祭」と呼ばれていたそうです。

目的は、秋の収穫を祝うことと1年の締めくくりです。

古代ケルトでは11/1が新年とされていて、大晦日が10/31でした。
大晦日になくなった先祖の霊が戻ってくるとされていましたが、同時に悪霊や魔女が出現すると恐れられていたのです。

古代ケルト人は有害な悪霊から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火をたいて悪霊を追い返せるように身を守っていたそうです。

ハロウィンに仮装をするという文化がありますが、元々は悪霊に自分たちが仲間だと思い込ませて身を守ることが由来だったんですね。

お祭りや悪霊退散の儀式に伴い、「カブ」の中身をくり抜いてロウソクを立てて過ごすというのがケルト人の伝統でした。
のちに語り継がれる「ジャックオーランタン」という伝説の男ジャックの生涯を語った伝説がきっかけです。

このケルト人のサウィン祭がアメリカに渡り、当時馴染みのないカブではなく生産量が多かったカボチャにロウソクを灯したことが、ハロウィン=カボチャのイメージになった由来です。

 

日本でハロウィンが流行ったきっかけは?

日本でハロウィンが誕生したのは1970年。
当時「キデイランド原宿店」がハロウィン関連の商品を売り出しました。

まだ日本人に馴染みがなかったハロウィンという文化ですが、キデイランド原宿店が販売促進のために1983年に行ったハロウィンパレードで日本人に徐々に浸透したと言われています。

表参道に100人が列を作り、カボチャを持って歩く「ハローハロウィーンパンプキンパレード」というイベントです。

そして、日本人がハロウィンを知るきっかけになった最大の要因が1997年、東京ディズニーランドがハロウィンイベントを開催したことです!!
2002年にはユニバーサルスタジオジャパンでも開催されました。

 

日本の2大テーマパークが取り組んだことで、日本列島に爆発的なスピードでハロウィンが浸透したのです。
今では毎年当たり前のように行われているイベントですが、20年前に大きく仕掛けたディズニーランドのおかげと言ってもいいかもしれませんね。

最近では「渋谷ハロウィン」という言葉ができてしまうくらい東京都心で若者を中心に仮装イベントが行われています。

警備隊が出動するほどの大盛り上がりで、SNSで拡散されて年々勢いを増しています。
2019年はついにセンター街のコンビニでアルコールの販売を中止するんだとか。

街をキレイに保つために渋谷区が仕掛けたようですね。

 

トリックオアトリートの意味は?

ハロウィンの日には、子供が仮装をして近所の家を訪問して

「Trick or Treat(トリックオアトリート)」

と唱えます。
この言葉の意味は

お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ

という意味です。
子供達にとってはお菓子がもらえる一大イベントですので、この期にたくさんの家に行かせてみてはいかがでしょうか。

大人は子供達に

「Happy Hallween(ハッピーハロウィン)」

と言ってお菓子をあげましょう。

お菓子がもらえなかった子供は報復の悪戯をしても良いとされているのが本家のハロウィン。
子供(お化けや妖怪)の機嫌を損ねぬよう、たくさんのお菓子で迎えてあげましょう。

 

ハロウィンの楽しみ方

日本各地でハロウィンのイベントは行われています。
飲食店はもちろんですし、街自体がハロウィン仕様に仮装しているところもあります。

せっかくなので家でゆっくりしてないで、外に出てみましょう!!
非日常的な日にはいい出会いだってあるものです!!

勇気を出して仮装をして街を歩いていたら、同じ仮装をしている素敵な異性とも出会うかもしれません!!
こういう日は普段話せないような人とも仲良くなれるチャンスです。

テーマパークに行ってみるのも楽しいと思いますよ!!
いつもとは違う雰囲気を味わえますし、インスタ映えスポットがたくさんあるはずです。

 

ハロウィンは1年のうち、10/31しかありません!!

楽しい思い出を作りましょう!!

おすすめの記事