7月8日新ドラマ【監察医 朝顔】上野樹里/時任三郎/家族の絆と2人の過去に何があったのか

7/8に放送された新ドラマ【監察医 朝顔】の第一話をまとめた記事です。

主演:上野樹里
出演:時任三郎、中尾明慶、風間俊介、山口智子、他

上野樹里さんは「のだめ」以来13年ぶりの月9出演!

「朝顔」はマンガが原作で、今回ドラマ化したものです。

オープニング

上野樹里演じる「万木朝顔(まきあさがお)」
時任三郎演じる「万木平(まきたいら)」は親子。
朝食シーンからスタート。
二人暮らしという設定。
母親がいないんですね。
どんな展開になるんでしょうか。
2人はそれぞれ仕事に出かけます。

朝顔と平を中心に進んでいく物語

2人が同じ事件に立ち会う形に

朝顔は大学医平は警察官の設定です。
人事異動により新たな職場に本日付で就任する平は、署に自己紹介を済ませ早速事件現場へ。
女性の遺体が発見され早速平の出番到来です。
若手の助手、桑原刑事とコンビを組んで捜査に向かいます。

身元の確認が取られた遺体が運ばれたのは朝顔が勤務する大学病院でした。
死因を調べるための解剖で平は病院に同行します。
同行先で娘である朝顔と鉢合わせに!!

朝顔のお父さんが警官だということが職場に公表される形に。
同じ事件に立ち会う形の2人となりました。

遺体解剖

遺体を解剖した結果、死因が「溺死」と推測されました。
しかし、遺体が倒れていたのが倉庫内であったために溺死が不自然。
この後現場捜査に入る流れです。

溺死の原因として海水が混じっているとして、海水が混じっているであろう場所を探し水質検査にきた朝顔。
その現場でも平と鉢合わせに。
果たして本当に溺死なのか。

遺族との面会

遺体の身元は「さくらい けいこ」さん。
旦那様と一緒に部品工場を経営しており、突然亡くなったことに旦那さんはショックを隠しきれません。
娘のさきちゃんはショックのあまり、遺体となったお母さんとは面会することができない様子。

遺族の話によると、けいこさんは心筋梗塞を患っており過去に1度倒れたことがあるそう。
病死の可能性も浮上してきたみたいです。
この後真相はどうなっていくのか気になります。

朝顔が秘密のデート

仕事終わりに朝顔がご飯を食べにお出かけ。
そのお相手は、平と一緒に事件を追っている若手の助手、桑原!!

なんと、お父さんの助手との秘密のご飯・・

これは何か発展していく予感!?

お父さん、桑原くんの印象「普通」とのこと。
だんだん仲良くなっていくパターンでしょうか?
いつか最高のコンビになってほしいです!

さきちゃんが朝顔に言いたいこと

翌日、朝顔が出勤するとそこにはけいこさんの娘であるさきちゃんの姿が。

なかなか口を開かず、朝顔が色々聞いているとさきちゃんの口から

「お母さんに酷いこと言った」

と悲しい表情で告白。
せっかく作ってくれたお母さんのお弁当を突き飛ばしてひっくり返してしまい、お母さんが悲しげな表情で拾う姿に心を痛めていたようです。
それが亡くなった原因と気にしているのでしょうか・・

けいこさんの手の傷から意外なものが!?

遺体の手には無数の傷が。
その傷から合成樹脂が見つかったとのこと。
そして肺から抽出された水から海水を含むものだと判明。

彼女が持っていたものは「富士越百貨店」の紙袋。
これが事件とどんな関係があるんでしょうか。
だんだん刑事平の本領が発揮されていきます。

そして平はけいこさんの自宅へ調査、朝顔がもう一度遺体の解剖へ向かいます。

連日の調査

平は毎日海水の池の調査。
朝顔は毎日解剖した遺体の調査。

そしてついに桑原が手がかりを・・!!

連日の池の調査の末、池に落ちたボールを拾おうとする子供達を眺める先にあるものを発見!!

それが冨士越百貨店の紙袋です!!

 

その紙袋から指紋が検出され、ひったくりの常習犯が逮捕されたとのことです。

けいこさんの死因とは

けいこさんはライブに行った娘を迎えにいくことになっており、買い物をしてから迎えに行こうとした矢先、ひったくりに遭ったようです。
その際に水際に投げ出され、頭を打ち気絶してしまったとのこと。
その際に海水を飲んでしまい遅れて肺炎を引き起こしたそう。
それでも自力で歩いて家に帰ろうと、家族の元へ帰ろうと歩いた結果・・
倉庫の入り口で力尽きてそのまま亡くなったとのことでした。

 

なぜそこまでして紙袋を守ったのか。

 

娘のさきちゃんが、「お弁当箱がおじさんみたい」と友達に言われたことを気にして
お母さんが可愛いお弁当箱を選んで買ってくれていたんです。

そのお弁当箱を持って娘に会いたくて、命を落としてまでお弁当箱を守ったんです。

それを知ったさきちゃんは涙が止まりません。
なかなか面会できなかったお母さんに会いにすぐにでも会いたい!と、病室に向かいます。
もう動かない、話さないお母さんを目の当たりにし、「ごめんなさい」を連呼。

娘への溢れんばかりの愛情、そして家族への愛。
見ていてジーンときます、、
こうやって見ていると、本当に育ててくれた親に感謝しなくちゃ・・と思わされます。

残された家族も辛いが、残した家族も辛いという平の意味深な言葉

残した家族も辛い

そんな言葉を残した平。
奥さんとの関わりが何かあるのでしょうか。

田舎に遠征

事件がひと段落し、2人は田舎のおじいちゃんに会いにはるばる遠征。
電車内でちょっと重たい空気が流れます。
どこか悲しげな表情のまま向かう2人。

駅に着いたその時・・

 

町内放送のアナウンスが流れると共に朝顔が泣き始めました。
何かがフラッシュバックしたようです。

結局、おじいちゃんには会わずそのまま1人で帰ることに。
平はそのまま残ることに。

「お母さん探してないと、どうしてもダメなんだ」

という一言。

過去にお母さんと何があったのか

朝顔がお母さんと2人で歩いているシーン。

そこに突然の大地震!!!

一体何があったのか。
朝顔はおじいちゃんの元に向かい、お母さんは近所に住んでる「みずえさん」という方を心配して様子を見に行ってしまいました。
その去り際に一言

「朝顔、あとは頼むね」

街を飲み込む大津波

大地震が起きたその直後、町内放送で流れたのは緊急津波警報。

そして多くの方が避難する避難所。

 

 

そして多くの被害者の遺体。

 

 

 

その中に万木里子の姿・・

 

 

 

続く。。

おすすめの記事